MI治療(精密治療・自費診療)

京都市左京区聖護院 美里歯科のMI治療(精密治療)

MI治療(精密治療)

治療を必要とする場合は、MIコンセプト(最小の侵襲)に基づき行います。歯科用マイクロスコープを導入し、より精密で侵襲の少ない治療が可能となりました。また歯科用CTを完備し3Dで正確に診断します。歯を残し守ること!これを使命と考えています。

参考:MI(ミニマムインターべーション:Minimal Intervention

 

 

歯を最大限守るMIコンセプト

できる限り歯を削ることなく治療する。もし削ったのであれば、美しく復元させる技術。歯科治療の最前線は新素材を常に取り入れることで非常に早い進化を遂げています。美里歯科では常に情報収集とスタッフ全員の実技研修と経験値で治療に取り入れています。

 

歯科用マイクロスコープを導入

歯科用マイクロスコープとは、肉眼での治療にくらべ患部を20倍以上に拡大し正確により精密な治療を行う視野を確保するための顕微鏡です。20倍以上の拡大による顕微鏡と強力な照明がお口の奥の患部をより明確に明るく映し出します。

 

マイクロスコープで変わる歯科治療

歯科医のみならず外科・眼科などさまざまな診療内容に導入されているマイクロスコープで患部を拡大し見落としの確率を下げ、さらに拡大することで発見される症状があります。

 

  • 肉眼では発見できなかった虫歯や歯のひびなどに気付きます
  • 通常の歯石の除去では見えない歯石が発見されます。
  • デジタルカメラにより撮影することで、写真や映像を記録することができ患者様に術前術後の状態を確認していただけます。

 

歯科用マイクロスコープのMI治療(精密治療)

拡大し治療を行うことでさまざまな精密な治療が可能になりました。特に歯を形成する際の細部の仕上げや詰め物と歯を馴染ませ形を整える際に、肉眼では見えなかったお口の中での精密な成型が可能になりました。

 

  • 歯の詰め物などを形成する際、歯に馴染むよりよい形を成形することができます。
  • むし歯治療の際、最大限に歯を守ためにマイクロスコープで拡大することで歯をぎりぎりまで削ることのない治療が行えます。
  • むし歯治療などCRレジン(コンポジットレジン充填・むし歯治療に用いられるレジン)充填時に正確で細かな充填が可能。
  • ダイレクトボンディング施術時により精密な自然な歯の成型再現

 


一緒に予防しませんか?親子受診を始めよう!

2020.03.27

一緒に予防しましょう こんにちは。熊野神社前 美里歯科です。 本日はあいにくの雨模様ですが、足元お気を付けてお越しくださいませ。   お子様の予防歯科 さて、今日はお子様の予防歯科についてお話します。 「自分は歯で苦労してきたので、子供には同じ思いをさせたくないんです。」というのはお子様を連れて検診を受けてくださっているお母さま方からよく聞くお話です。大人は虫歯予防がまだ確立されていない時代を過ごしてきました。そのために、子供 […]

くわしく